ETC

ETCが生まれた理由

 

そもそも、「ETC」というシステムは、なぜ生まれたのでしょう。理由は、渋滞解消のためと言われています。高速道路は行楽シーズンになると毎年、かなりの渋滞ができてしまい、交通の面では必ずしも健全とはいえない状態になってしまいます。そのため、スムーズに高速道路の出入りが可能なETCというシステムが誕生したのです。

 

「ETC高速道路1000円」という制度は、少なからずETCの在り方を変えていくかと思います。それが消費者にとって良い変化になれば、「ETC高速道路1000円」という制度は割引以上に評価される事となるでしょう。意義のある変化を生むというのは、なかなか難しいものです。用意にかなりの費用もかかります。ですが、こういった画期的な制度というのは、さまざまな分野で試されてほしいものですね。

 

ETCは、渋滞解消のために作られたシステムです。これによって、車は一端停止せず、スピードを落とすだけで料金所を通過できるようになりました。これは、確かに渋滞解消の方法としては理に叶っています。では、このETCが導入されて以降、本当に渋滞は解消されたのでしょうか?

 

ETCが日本の車に採用され、一般高速道路にETCレーンが設置されたのは2001年です。以降、当初はなかなか普及率は上がりませんでしたが、2000年代中盤に差しかかってくると一気に普及が進み、現在では70%を超えていると言われています。これが「ETC高速道路1000円」制度の効果でさらに上がるのは間違いないでしょう。

 

ただ、実際に高速道路で渋滞がなくなったかというと、そういう事はありません。渋滞の原因はひとつの車が生み出せるものなので、幾らETCが普及しても、渋滞がなくなるというのは難しいということなのかもしれません。簡単に言えば、ひとつの車が事故を起こしたり、トラブルで停車すれば、どんなシステムがあろうと渋滞は発生してしまうのですから。そう考えると、交通渋滞はそう簡単には防げません。

 

「ETC高速道路1000円」の制度導入によって、今後は高速道路の利用者が増えると目されています。利用者が増えるという事は、渋滞の元となる確率のある車両が増えるわけで、そう考えると、渋滞解消とは少々離れた制度と言えるかもしれません。「ETC高速道路1000円」が普及した場合、果たして交通渋滞はどのような状況になるのかにも注目していく必要があるでしょう。