ETCの導入方法

ETCの導入方法

 

「ETC高速道路1000円」という制度が確立して以降、ETCへの注目は日に日に高まってきています。「ETC高速道路1000円」制度はETC導入車でなくては適用されない割引なので、嫌でもETCに注目が集まるというわけです。

 

やはり、割引というものは多くの人の関心を集めるようで、不断はあまり高速道路を利用しない人も、こういった話題には興味津々、というケースが多いようですね。「ETC高速道路1000円」というのは、単に値段を引き下げただけでなく、日本の交通の在り方を見直す機会を作ったと言えるでしょう。

 

では、そんな日本の交通の最先端技術とも言えるETCを実際に取り付ける場合、どういった手順を踏む必要があるのでしょう。それほど難しいわけではないですが、やはり知っておかないとトラブルの要員となってしまうので、確認も含めて見ていくことにしましょう。

 

まず、カードと車載器を入手する必要があります。カードというのは、いわゆる「ETCカード」と呼ばれる、ETCの機能を持ったクレジットカードです。つまり、クレジットカードを作る必要があるということです。

 

普通のクレジットカードとして利用できるカードなので、審査はクレジットカードに準拠されます。これを、カード会社に発行してもらい、手元に持っておく必要があります。

 

次に、車載器ですね。この車載器はカー用品店、自動車整備工場、ディーラーといったところで購入・取り付けが可能となっています。さて、ETCカードと車載器を用意したら、後はセットアップ作業を行う事になるのですが、その前にETCカードについてもう少し詳しく説明しておきましょう。

 

「ETC高速道路1000円」という制度ができるとわかって以降、ETCカードを取り扱う会社はかなり増えました。今では、三井住友VISAカード、三菱UFJニコス、オリコ、UCマスターカード、JCBなど、クレジットカードの最大手と言えるところが皆揃って発行しているので、入手自体は難しくないかと思います。

 

ETCカードには、ETC専用カードと一体型ETCカードがあります。ETC専用カードは、クレジットカード機能を排除したカードで、ETCに利用する場合のみに使用可能となっています。一体型は、クレジットカードとETCの機能を両方持ったカードです。もし、クレジットカードに対して抵抗を覚えている人であれば、専用の方を選べば何ら問題はありません。クレジットカードという感覚を持つ必要もなく、利用できます。

 

ETCカードの利用方法は、至極簡単です。車載器にカードを入れるだけです。それで、後は無線通信機能によって情報の交換が行われ、レーンが通貨可能な状態となるのです。ここで本来支払うべき料金は、カードによって支払われます。そのため、口座にお金を入れておけば、わざわざ支払いを自分で行う必要はありません。

 

「ETC高速道路1000円」という制度によって、ETCカードは飛躍的にその数を増やしています。その一方、クレジットカードを作りたくないという理由で、せっかくの「ETC高速道路1000円」制度を利用できないという人もいるようです。実際には、専用カードがあるので、クレジットカードを作るという感覚で発行する必要はない、ということを頭に入れておくと、新制度を利用しやすくなるのではないでしょうか。